カテゴリ:
ども。

まずは先週のNFL倶楽部、概ね予想通りだったかと。若林は今シーズン1のハイテンション、熱視線のピックアッププレーもドンピシャ。セインツがプレーオフ一番乗りと言うところだけ完全に見落としてた。番組としては最も大事なところですが。。。

さて、その若林のハイテンションを見た直後だとなおさらweek 14の結果が悲しく見えてきますね。先週も言いましたが、今週は違った意味で「テキサンズどうしちゃったの?」いやいやまさかのブロンコスに敗戦。ブロンコスって4勝かそこらでしたよ?その相手に前半3-31って取られ過ぎだよね。もはやここで勝負あり。高校の1回戦か!あのファンブルリカバー後の手渡し(あえてハンドオフとは言わない)からのリターンタッチダウンは余計よ、ほんと。まるで先週とは別チームのよう。これが若いヒップホップチームの「ムラ」なのか。まぁ、この安定感のなさこそがテキサンズのアイデンティティーとも言えなくはないが。地区順位はとうとうタイタンズに並ばれましたよ。金星のあとだけにこの敗戦は痛い。若林が次の収録で「く~っ」と相方のネタを踏襲する可能性も出てきた。地区優勝の行方は次週と17週に控える両チームの直接対決に委ねられた。分かりやすい勝負だ。タイタンズは16週にセインツ戦も残しているため、若干テキサンズ優位か。ほんと若干ね。16週は若林も市来アナと手を組むでしょう。

一方、49ers vs セインツの「NFL倶楽部ボウル」。屈指の好カードは49ersに軍配。大方の予想通り接戦、熱戦だったね。49ersは前週のサヨナラ負けのショックをサヨナラ勝ちで払拭。ドラマだね。特に49ersのKは、シーホークス戦のOTで決めれば勝ちのFGを外し(春日の呪い)、初黒星の責任を全面的に被ることになっていたから、このサヨナラFGの喜びはひとしおでしょう。オンエアでの春日の翻った大きな態度も目に浮かぶ。市来アナのかわいい「くーーっ」がみられるかな。ちなみにシーホークスも負け、前週星数で並ばれ首位を明け渡していたNFC西地区の優勝争いは再び49ers が一歩リード。序盤の快進撃の流れからしたらこのまま49ers に優勝させてやりたいけどなぁ。

そして、ペイトリオッツ。連敗です。連敗。rempai。何度も言います。あの絶対王朝がこの終盤で連敗なんです。

大丈夫か?そろそろ相武さん登場じゃないの?先週危惧したようにまさかのテキサンズ戦敗戦から悪い流れを絶ちきれなかったのか。ただ、最後のシリーズは見せ場を作ったね。ギャンブルで見事フレッシュをとったブレイディのおっさんスクランブル&スライディングは世のお父さんたちに夢を与えた。マホームズだったらTDだったよな、というのは思っていても口にしてはいけない。暗黙の了解よ。GOATですから。全体的にこの試合、ペイトリオッツはレッドゾーンオフェンスに苦しんでいた感じだね。裏を返せばチーフスディフェンスの粘りがすごかったということ。マホームズばかり注目されるけど、ちゃんとディフェンスも見てあげてね。(ディフェンス経験者より)

さて、ペイトリオッツはチーフスにも敗戦したということで、AFCの各地区首位チームに全敗という結果。。。これはプレーオフのためにベリチックがプレーを限定したとかそんなんじゃないよね?だったら凄すぎるけど。まぁ、ビルズの足音が聞こえる中、そんな余裕はないはず。そうなると、プレーオフも俄然楽しみになってきますね。相武さん、今収録行くと危険だよ。確実に呪い扱いだから。そういうのは菅谷アナに任せましょう。

そして春日が色目を使い始めた好調レイブンズは強敵ビルズとの対戦にいつも通りのプレイスタイルで勝利。相変わらずラマージャクソンのrunは安定的にゲインを重ね、派生プレーも見せ始めた。もはやこの勢いはどこまで続くのか。歴史的にもあまり例を見ないプレイスタイルに魅了されているファンは春日だけではないだろう。

ビルズも最後、同点に向けてのラストドライブ、敵陣深くまで攻め入り見せ場を作ったものの、あと一歩及ばず。ペイトリオッツが負けるという千載一遇のチャンスを活かしきれずに地区では引き続き1ゲーム差の2位。来週は我がスティーラーズと対戦。気がつけばスティーラーズもプレイオフ圏内。ロスリスバーガー不在の中での勝ちパターンをようやく掴んできたということか。今シーズン忘れかけていたファンとしての熱を思い出してきた。

さぁ、残り3週。各地で地区優勝とプレイオフ出場権をかけた熾烈な争いが続く。そろそろ会社にスーパーボウル休暇の届け出をしなくては。