カテゴリ:
ども。

国内は大学、社会人共に、日本一が決まったね。その話題はまた後日。NFLも残り3週となって、ポツポツと地区優勝が決まってきた。week 15を迎える前に、チーフスとセインツ、レイブンズが決定済み。残りの5地区は2位と接戦。早速week 15の結果を追ってこう。

まず2連敗中のペイトリオッツは相手にも恵まれ難なく連敗ストップ。ただ2位のビルズもスティーラーズに勝利し、ゲーム差は広がらず。ブレイディの調子が今一つの中、ぴったり後を付けてくる不気味な「ストーカー」ビルズの存在は、ペイトリオッツにとってもプレッシャーとなるはず。近年、シーズン終盤で地区内チームにここまで肉薄されることもなかったのでは?次週、ペイトリオッツとビルズは直接対決。ここで勝った方が地区優勝と言っても過言ではないかな。

先週、とうとう星数が並んだテキサンズとタイタンズは今週直接対決。この天王山をテキサンズが3点差で勝利して地区優勝をグッと手繰り寄せた。若林は歓喜に湧いていることだろう。タイタンズは次週セインツ戦。次々週は再度テキサンズと直接対決。厳しいカードが続く。もちろんテキサンズも油断はできないよ、若林さん。次週バッカニアーズに勝てる保証はどこにもない。先週の大敗から安定感がないのは皆が知っている。テキサンズは「相手がどこか」というより、自分達のフットボールができるかどうかだけなんだろうね。敵は己にあり。

このブログではあまり記事にしてないけど、パッカーズとバイキングスの首位攻防も熾烈。今週も両チーム白星を重ねて相変わらず1ゲーム差でパッカーズが首位。ここも来週直接対決。来週は見所満載だな。首位攻防の中でもっともレベルの低いNFC東地区のカウボーイズとイーグルスも両チーム白星をもぎ取り勝率5割復帰。地区優勝チームが負け越したらかっこつかないからな。

動きがあったのは49ersとシーホークスの首位争い。先週セインツとの激戦を制して勢いに乗るかと思われた49ersはファルコンズ相手に終盤まさかの逆転負け。一方のシーホークスはパンサーズ相手に順当に勝利。再度星数がならび、直接対決で勝利しているシーホークスが首位を取り戻した。例年通りここはバチバチやってますな。ここは最終週に直接対決。

今週の収録は相武さん登場とのこと。ペイトリオッツもテキサンズも勝利したのでひとまず平和は保たれるかな。春日の応援チームが敗れるのは今に始まったことじゃないので大勢に影響はないでしょう。ただ相武さんは49ersにも肩入れしてたので、心配はその辺だけかな。