カテゴリ

カテゴリ:【国内】高校

カテゴリ:
ども。

12/22に横浜スタジアムで行われた高校日本一決定戦「クリスマスボウル」。春日がゲストで現れたことだけ触れたけど、結果や内容には触れてなかったね。

今回の対戦は4連覇を目指す佼成学園(東京1位)と、2年連続出場で初の日本一を目指す立命館宇治(京都1位)。つまり2年連続で同一カードということ。昨年は前半に21得点をあげ圧倒的なリードを奪った立命館宇治が、徐々に点差を詰められ4Qにまさかの逆転を許すという劇的な展開だった。1年前の特異な展開は、今年の両チームの戦略にも少なからず影響を及ぼしたのではないか。

春日のコイントスによって開始された大一番。1Qは両者無得点。昨年とは対照的な立ち上がり。オフェンスは得点どころか1st down 更新もままならない。ディフェンスの健闘が光る。2Qに入って先制したのは佼成。自陣からのランプレーで独走。エンドゾーン僅か手前まで迫る。その後の佼成のパワープレー2つを続けて押し返した立命館宇治のディフェンスも見事だったが、3rd down に追い込まれた佼成がエースレシーバーに通した意地のTDパスも見事だった。

得点は7-0となったが、この点差は1分もたたないうちに縮まる。直後のキックオフで立命館宇治のリターナーが快足を飛ばす。減速することなく密集を抜けると一気にエンドゾーンへ。歓喜に湧いていたメインスタンド側が一気に静まり返る。ここで、立命館宇治は序盤ながらTFPで奇策に出る。FGフォーメーションの片側ウイングがモーションで目を引き、その逆サイドにホルダーからキッカーへピッチするスペシャルプレーを選択したのだ。しかし佼成ディフェンスはうろたえることなく落ち着いてこの奇策に対処。7-6の1点差。試合の流れも一進一退となった。

続く佼成のオフェンスシリーズは簡単にパントに追い込まれた。また膠着状態に戻り、このままの点差でハーフタイムに入ると思われた矢先、佼成に3連覇中のチームとは思えないミスが起こる。ロングスナップが大きく横にそれたのだ。パンターはコロコロ転がるボールを拾って逃げながらなんとかボールを蹴る。もちろん飛距離は稼げず、立命館宇治はハーフライン付近からの絶好のフィールドポジションを得た。しかし、ここでもオフェンスの爆発は見られず、立命館宇治もパントに追い込まれる。ミスに漬け込めなかった立命館宇治と安堵の佼成。タッチバックとなり自陣20ヤードからの佼成の攻撃は、久々にダウン更新を記録しハーフライン付近まで持ち直す。リードしている立場であり、余程の事がない限りこのままタイムイートでよかった。例えノーフレッシュでも陣地を挽回してこのままハーフタイムで問題はなかったはずだ。

しかし、ここで欲をかいたのかパスを試みた際、QBがラッシュをかわしながら粘ってターゲットを探しているうちにディフェンダーに捕まり痛恨のファンブルロスト。無理をしなくていい場面だっただけに佼成にとっては悔やまれるプレーとなった。ここから、立命館宇治のオフェンスがようやく噛み合い、ゴール前まで迫る。スパイクで時間を止めた時点で残りは30秒ほど。直後のプレーは、タイムロスを恐れない左オープンへのランプレー。見事TDを決め逆転に成功する。先ほどのTFP失敗を取り返すべく2ポイントを狙うが、今回も失敗。12-7。1TDで逆転という微妙な点差。立命館宇治としては関西決勝の1点をめぐる展開がちらつき、喜びきれない部分もあったのではないか。佼成も不要な失点を喫したことで、両チームとも悶々とした気持ちでハーフタイムを迎えたと思われる。

後半も3Qは膠着状態。相変わらず両チームのディフェンスの安定感が光る。立命館宇治は度々ロンリーセンターから特殊なプレーを繰り出すも効果的なゲインには至らない。試合が動いたのは3Q終盤。パントの蹴り合いが続くなかで、立命館宇治のパントリターナーが魅せた。前進しながら比較的浅い位置でボールをキャッチしたあと、その勢いでカバーチームの包囲を抜け、連続スピンでタックルを外しながら敵陣深くまでボールを戻した。前半同様、ここぞの得点チャンスで立命館宇治のオフェンスが牙を剥くのかと思いきや、やはりここでも佼成のディフェンスが踏ん張りFGどまり。15-7。まだなんとか1ポゼッション差だ。この時点で既に4Qに入っていたため、佼成も徐々に追い込まれていく。しかし、昨年の例がある。立命館宇治も全然リードした気にはなれなかったろう。

しかし、この後もディフェンス合戦が続き、試合はなかなか動かない。逆に残り5分を切ってから立命館宇治がFGを決め、2ポゼッション差に広げ、試合の大勢を決めた。最終スコア18-7。なんと後半は両チームともTDゼロという守り合い。立命館宇治は悲願の初優勝を果たし、佼成学園は数年前から続く公式戦連勝記録がここで途切れた。

実力の拮抗した非常に良い試合であったが、だからこそと言っていいのか、勝負の分岐点となったのはキッキングゲームだった。先制された直後のリターンTD。後半の均衡を破ったパントリターン。一方で佼成は上記のビッグプレーを許した上に、パントのスナップミスもあり、カバーチームが精彩を欠いた。総じて苦戦の少なかった東京大会や関東大会での戦いがそうさせた可能性も否定できない。

いずれにしても、お互い高レベルで面白い試合を観させてもらった。春日がどのような感想を番組で述べるかわからないが、視聴者に興味をもってもらえるコメントを期待したい。いかんせん甲子園、JAPAN Xと観た後だと、クリスマスボウルの観客の少なさはさみし過ぎる。もっと集客して東京ドーム開催に戻そう。そして「約束の卵」を高校フットボールのテーマソングにしよう。春日さん、よろしく。

カテゴリ:
ども。

高校の頂上決戦はクリスマスボウル。関東と関西の覇者が対戦する、今も昔も高校フットボーラーの夢である。若林も愛読したと言われる「アイシールド21」という名作漫画も、クリスマスボウルを目指す高校生達の物語だった。

今年2019年の関西の覇者が日曜日に決まったことは前記事で伝えた通り。そして関東の覇者はその前日、既に決まっていた。

関東の決勝カードは佼成学園vs法政二高の対戦。佼成はここ数年公式戦で連勝を続けており、クリスマスボウル3連覇中という、泣く子も黙る常勝軍団だ。一方、法政二高は神奈川を制した勢いそのままに関東大会準決勝でも名門早稲田高等学院を破り決勝に駒を進めた注目株だった。

残念ながら生観戦もネット観戦も叶わなかったが、Twitterで速報を追っていた。前半こそ14-14の同点で折り返すも、後半に自力を見せた佼成学園が35-21で快勝。最後の法政のTDも、試合終了間際であり、実質点差以上の圧倒ぶりであった。これで4年連続クリスマスボウル出場。そしてクリスマスボウル4連覇に王手をかけた。

私やオードリーの二人がまだ現役高校生だった頃、まだ、佼成学園は関東大会の常連ではなかった。ちょうど頭角を現し始めた過渡期だったのかもしれない。オードリーと同学年に、後の関学そしてIBMでエースとして活躍した大型QB 岡村がおり、他チームの注目を集め始めた。おそらく春日も東京選抜で岡村とは顔を合わせているはずだ。
指揮を執る小林監督は、いち早くゾーンブロックの導入に着手し、着実なゲインとボールコントロールを実現。オフェンス、ディフェンス問わず次々と名選手を輩出し、大学で活躍する選手の出身校に佼成学園の名前を見る頻度が年々高まった。そして気がつけば関東大会の常連にのしあがり、ついに4年前、クリスマスボウル初出場初制覇を達成。そこから3年連続日本一という偉業を成し遂げた。

直近10年の秋季大会を遡ってみると、関東大会優勝は、早稲田高等学院が6連覇、佼成学園が4連覇でこの2チームしか名前がない。両校で一時代を築き上げてしまっている。連覇から連覇への移行であり、覇権が行き来せず、次の強者にきれいに引き継がれる結果になっているのも面白い。

この2チームを分析するに、連覇の条件は2点あると思う。それは「安定的な人材の確保」とその人材を活かす「有能な指導者の存在」だ。

●安定的な人材の確保

佼成学園にも早稲田高等学院にも附属中学がありタッチフット部が存在する。おそらく高校での活躍も意識した選手育成が中学から行われていると思われる。私たちの時代にはぱっとしなかったが、今は強豪となっている高校に足立学園がある。佼成学園が台頭し初めてからしばらくあとに台頭してきた。確か、佼成学園が公式戦の連勝を開始するひとつ前、黒星を喫したのが足立学園だったと記憶している。その足立学園も中学との連携がうまくいきはじめて結果を残すようになった。

マイナースポーツゆえに中学でアメフト経験があるという部員は私たちの時代、まずあり得なかった。今もほとんどの高校がリクルートには苦戦しており、競技経験だけで見れば全員ゼロからのスタートが当たり前だろう。その中にあって、一定数の経験者を確保できるというのはそれだけで大きなアドバンテージとなり、複数年にわたる安定感にも寄与する。

一方で、経験者不在の私たちの時代、強豪校の代表格であった中大附属は、男子校でありそもそもの入部母数が大きかった。「数」の中に最低限の「質」を求めることができていたのではないか。しかし2001年、同校は男女共学に変わり、そのメリットを享受できなくなってしまった。以降、かつての安定的な強さは鳴りを潜め、近年は関東大会からも遠ざかっている。


●有能な指導者の存在

良質な選手の確保が実現したとして、そのアドバンテージを活かす「有能な指導者の存在」がなければ意味がない。佼成学園には小林孝至監督という名将がいる。社会人でも活躍した名プレーヤーだ。着任直後はなかなか結果が出せなかったが、積み上げた指導と文化の浸透、そして中学指導者との連携の歯車が噛み合い始めた時に快進撃が始まった。

佼成学園がクリスマスを連覇する前に関東を席巻していた早稲田高等学院にも名将濱部監督がいた。同様に中学との連携も機能し、関東6連覇、クリスマス4連覇の偉業を達成するも、あまりの好成績に濱部監督が大学の監督に引き抜かれてしまった。皮肉なことにそれを契機に佼成学園の後塵を拝すことになった。

私たちの時代の中大附属には松永監督という名将がいた。ひょうきんなキャラクターとは対照的に、完成度と安定感を重視した固いフットボールを展開する印象だった。しかし前述の通り、男女共学化を機に近年は大苦戦を強いられている。そんな中、松永監督は昨年度をもって同校の監督を退いている。


●勝利のスパイラル

安定的な人材の供給。それを活かす指導者の存在。その融合により実績を残すようになると、チームに好循環が生まれる。一定の点差リードを離せるとサブメンバーの経験の場を公式戦内で確保できる。勝ち進みシーズンが長くなればその分機会は増える。そして、最上級生である3年生とともに公式戦に向けた士気の高い練習環境も延びる。次年度また質の高い新入生が入部する。必然的にチーム力が高まるサイクルが出来上がる。

クリスマスボウルの過去の出場校を眺めてみても、関東、関西ともに「特定の高校が連続で出場する期間」がある。この勝利のスパイラルが作用した形跡ではないかと推測する。


カテゴリ:
ども。

前の記事がオードリー完全無視な内容(関西学生リーグ)だったので今日はオードリーロックオン。彼らのアメフト愛の起源、日大二高アメフト部について。愛称「ブルドッグス」。

初記事にも書いた通り、私はオードリーの一つ年上、都内の高校でアメフト部だったから、ほぼ同世代として当時を語れると思うの。ただ、私の記憶が相当怪しいのは許して。

さて。それでは。

あのね。いきなりですが、私が高校1年のとき、つまりオードリーの二人がまだ中3のとき、日大二高はたぶん歴代最強だったの。確か、春の都大会は準優勝してたはず。
月刊誌タッチダウンに「天沼パトロール」と大きな見出しで取り上げられてた記憶がかすかに。天沼ってのは日大二高の住所ですな。すごいローカルなキャッチフレーズで、理解に苦しんだのは確か。

この大会、準決勝を見た気がする。相手は前週、あの駒場学園に対し20-0の快勝で勝ち上がってきた都立西を6-0で破ってた気がする。気がするばかりで申し訳ないけど、結構強かったのは間違いない。

あの年はねぇ、たぶん春は三島。秋は中大附属が関東を制してたと思うんだよね。特に中附の2年生QB北澤が凄かった印象。その中附を春の準々決勝で負かしてたのが日大二高だよね。そりゃ、月刊誌もほっとかない。

まぁ、このときまだオードリーはいない訳で。。。じゃあ、彼らの入学後どうだったか?

。。。。。。そうねぇ。

かな~りおぼろげですが、オードリーが2年のとき、つまり私が3年のときに都ベスト4に名を連ねてたかも知れない。あの年は中附、日大三高を筆頭にどこも強かったから、あの年に関東出てれば確かに強かったんかな。二年生とはいえオードリーの二人は試合に出てるんだろうし。

当時の高校アメフトシーンは結構チームごとに型があったね。今みたいにショットガンが当たり前じゃないし、ゾーンブロックもまだない時代。その中でいかに普通のrunで進めるかというのが勝負だった。中附なんかはpower off TをOLBやSSだけに止めさせて、裏のTEへのパスが異様にうまかった。

身体能力の日大三高と駒場学園。多彩なマルチOとロングゲインを許さないバランスDの中大附属。ショットガンの日大鶴と日大桜。オプションの法政二と都立勢。だから相性とかも結構顕著だった気がする。それが面白かった。

それとね。当時、都大会で有名だったのは日大桜のチアね。あれは羨ましかった。選手と付き合ってるのかなぁ、とか思春期だからこそ妄想してしまったもんだ。おそらく、その嫉妬を原動力に日大桜に対してだけ異様に力を発揮する輩も多かっただろう。まだ桜のチアは存続してんのかなぁ。

話を日大二高に戻すと、彼ら卒業後も含めて多分それ以降輝かしい結果は残してないかと。ベスト8に残るのにも四苦八苦の状況じゃないかな。いわゆる長期低迷期と言ってよい? オードリーのテンションあげるためにも「天沼パトロール」の復活を期待したいところですな。

このページのトップヘ

見出し画像
×