カテゴリ

カテゴリ:おひさま

カテゴリ:
ども。

おひさまフットボールファンのおっさんです。ちょっと前の記事で、日向坂46のメンバーをアメフトチームに見立てたシミュレーションをしたいと書いたら、なんだか自分でその衝動が押さえられなくなって、結局こんなNFLシーズン真っ只中にこの壮大な遊びに没頭しちまいました。こう言うのはネタのないオフシーズンに回そうと思ってたのに。。。

しかしね。やってて無駄に楽しいわ、これ。ぜひオードリーにもやってほしい。ただひなあいでやるとメンバーが無表情になってドン引きされるんで、ご注意あれ。

では私のシミュレーションを紹介します!

【オフェンス】

●オフェンスライン

LT 佐々木美玲
LG 潮 紗理菜
C 佐々木久美(主将)
RG 高瀬愛奈
RT 高本彩花

チームの屋台骨となるオフェンスラインは苦難の時代を乗り越えた1期生ですべてを固める。迷ったのはキャプテンね。リーダーシップをかって長身パサーも頭をよぎったけど、主将はやはり屋台骨の中心にいた方がいいかなと。全てのプレーがキャプテンから始まるというのもマッチしている。QBのブラインドサイドを守る絶対的信頼が必要なLTにはみーぱん。2期生加入前の楽曲ではセンターを勤めることも多く、ダンスもうまい。アイドルとして安定的な能力をもってるかなと。もはやバックフィールドにおいてポイントゲッターとしても働ける逸材だけど、バラエティーなどでのぞく控えめな性格も考慮して、贅沢にオフェンスラインで起用。たまにはアンバランス隊型からパスキャッチもしてほしい。RTには同様に贅沢なおたけという布陣。off TプレーはRBの意向によりおたけのいる右に偏る。その時のRBは「男の目をしている」との噂。両Gにはあらゆる場面で地味ながら存在感を出す2人。機動力も求められるGにはぴったり。サリマカシーは不思議な効力を持つ玉をリストバンドに仕込んでいるが、まなふぃはリストバンドの下に春日命のタトゥーを隠している。


●バックフィールド

TE 齊藤京子
QB 加藤史帆(副将)
RB 若林正恭(兼任HC )
WR 小坂菜緒
WR 河田陽菜
WR 金村美玖

人数が足りないので、オードリーには自分のポジションに入ってもらう。そして司令塔QBにはかとし。まだ小坂には荷が重いと判断。かとしは活躍の場が広く万能な魅力を持っている上に、グループ内でも後輩の面倒見とリーダーシップのバランスがよく、司令塔としての適性を感じる。運動能力も高いし、殺人投法で見せた凶肩もアメフトのボール位重さがあれば丁度いいでしょ。キャプテン、かとし、若林のセンターラインは磐石だが、バラエティー寄りなのが少し不安か。本音は若林に外れてもらって専任ヘッドコーチに就いてもらいたかったが、その場合は柿崎にRBとして戻ってきてもらう必要がある。

レシーバー陣には優等生タイプを配置。決められたルートをしっかり走ってフリーになる。パスをしっかり取ってゲインに繋げる。堅実な役割を考慮して正統派アイドルの2期生3人を配置。絶対的エースの小坂はランプレーでも活用したいオールマイティーキャラ。集客力も担う広告塔でもある。TD後の謙虚なコメントで新たなファンを取り込む。「OLの皆さんといいパスをくれたQB、全て先輩達のおかげです。私はただ取るだけでした。」ただし陰で何を言っているかはわからない。特にディフェンスの失態は全て春日のせいにする。KAWADAさんは「バイバ~イ」の大声と共に対面のDBを置き去りにする。メンバーからも愛されキャラのため、TDパスキャッチ後はオフェンスメンバー全員からもみくちゃにされる。お寿司はショート~ミドルのタイミングパスを得意とする。「初ガツオ」で磨いた振り返りでフリーになる瞬間を逃さない。TD後のポーズはもちろん「お寿司かない」。

オフェンスラインとレシーバーの両方の役割をこなすタイトエンドは、役者やモデル、ラーメン番組と幅広い活躍と多様な経験を持つ一方、1期生としても苦難の時代を乗り越えた歌姫、齊藤京子しかいない。かとしとの息も合うはずなので、困ったときのメインターゲットとして窮地を打開する存在。運動能力はこの際度外視。


【ディフェンス】

●ディフェンスライン

DL 春日俊彰
DL 井口眞緒
DL 丹生明里

全体のバランスの都合で3DLを採用。決してがたい(笑)で選んでる訳ではないよ。華奢だろ。爆発力のある井口は無双NTとして相手のプレーを根こそぎ破壊できる力を持つ。ただアイドルとしての基礎力がないため、トラップなどの変則ブロックには強いが実は正攻法の前々に異様に弱い。なので常にギャップにアラインしてアングルブロックを強いる。丹生ちゃんは「タルタルチキン」のような爆発力もある上に打撃系の正拳突きやかめはめ波などの得意技も持つ。力業だけでなく、無自覚にも正統派路線の能力も高いため、同じ2期生が構える後列LB陣とのコンビネーションも使いたい。またDLに丹生ちゃんを置くことで春日のモチベーションアップにも繋がる。


●ラインバッカー

LB 渡邉美穂(副将)
LB 富田鈴花
LB 松田好花
LB 上村ひなの

2期生、3期生ながらすでに存在感を示す4人をディフェンスの中心に据える。中でもミホワタナベはすでにグループ全体を支える言動も見せ始めていることから副将兼ディフェンスリーダーに抜擢。駅伝や1カットMVの激励は記憶に新しい。自分が潰れ役になって味方にタックルさせる献身性も期待できる上、自らがエッジラッシャーとなってQBサックも狙える。はなちゃんずの2人は絆も強く、2人がかりで狙ったキャリアを仕留める。富田は独特のラップリズムで、松田このはしなやかな身のこなしで相手ブロックを潜り抜ける。お互いの癖や得手不得手がわかっているため、二人のパシュートコースは被らない。バックサイドになってもカットバックレーンを堅実に消していく。ただ、富田は自分サイドのプレーをDL やバックサイドが先に止めてしまい、自分が絡めないと泣いてしまう。松田このはDLが相手OLに押されて自分が巻き込まれてしまうと「あのね、春日さんが使えないの」と暴言を吐く。奔放な動きが特徴の上村は半分DBのニッケル的な位置で、アサイメントの外に置いて自由に動かす。そうすることによって「元気田支店長」並の爆発力を誇るビッグプレーメーカーとなるだろう。


●ディフェンスバック

CB 東村芽依
CB 濱岸ひより
SS 宮田愛萌
FS 影山優佳

両翼を主な戦場とするCBには、特定のフィールドで実力を発揮する2人を配置。東村は文字通りの運動お化け。絶対的アスリートとして相手のエースレシーバーを粉砕。たまにゾーンの受け渡しがうまくいかなかったりすると「私が見ていたレシーバーもどっか行きました」と惚ける。不思議キャラを地で行くおはまはかなり特異なツボの持ち主。そのツボにハマったときにイキイキするタイプなので、活躍の場をフロントと離した位置に持っていくのが得策と見た。ストロングセーフティにはお色気キャラの宮田を配置。後方から状況を見極めて、自分の出番と見るや、フロントでもオープンでもランストップに光速の上がりを見せる。代名詞の「R指定」からSS ではなく「R」(ローバー)と表現すべきか。お色気ハードタックルを決めた後は得意の最敬礼パフォーマンスを。最後尾のフリーセーフティにはインテリ影山。明晰な頭脳と冷静な判断で至るところに顔を出し、ディフェンス最後の砦として君臨するとともに、気分屋の多いディフェンス陣のバランスをとる。ミホワタナベがディフェンスリーダーでありながら、プレーコールはいつも影山が出している。


あ~おもしろかった。直近の「名言大賞」にかなり引っ張られた感はありますが、このチームで約束の卵を目指しましょう!昔はクリスマスボウルもビックエッグだったんだけどなぁ。

カテゴリ:
ども。

おひさまフットボールファンのおっさんです。しばらくフットボールに夢中で日向坂の動画はノーチェックでした。そんな中、YouTubeに新しめの「日向坂で会いましょう」の動画を発見。若林の贔屓メンバーを選び直すという企画が目に留まり、久々にがっつり見てしまったよ。

若林がこさかなとおたけを贔屓しているのは、おひさまでは常識のはなし。そのあからさまな贔屓に自分もあやかりたいというメンバーによる「若様」争奪戦の企画。なんとも羨ましい。その結果、骨肉の争いを制して贔屓メンバーに輝いたのは「初ガツオ」金村。まぁ、以前から若様に推しの気配はあったから、番組として目新しさは出しきれなかったかもしれないなぁ。ファイナルに残った「変化球」上村も、以前「干し芋事件」で「3人目の女」疑惑が浮上してたから順当と言っちゃぁ順当だったんかな。ただ、同じくファイナリストのミホワタナベに若様が尋常じゃない照れ具合を露呈したシーンは新たな疑惑の材料にされそう。それはそれで楽しみだけど。

締めの一言で若様は、こさかなとおたけも引き続き贔屓することを名言。企画の主旨を簡単に一蹴する若様の態度はさすが。確かにいきなりこの二人をぞんざいに扱えるわけがないし、視聴者の1人として私もそれを望んではいない。

日向坂の番組を認識した当初、こさかな見て「オーラが違う子が1人いる!!」とビックリした覚えがある。こんな漫画から出てきたような美少女が、誰にMCやってもらいたいかのアンケートで、唯一オードリーを記入していたなんて聞けば、贔屓の対象になるのは自明の理ですよ。贔屓されたときの照れた表情もおじさん心をくすぐる。

一方で、若林がおたけを贔屓している理由については、ホントに失礼だけど、相対的に共感者が少ないんじゃないのかなと。万人受けのこさかなに対し、好き嫌いは分かれるタイプだと思うのよ。だからこそかとしに「高本のことは本当に好きなんじゃないかと悩んでいます」と言われてしまう。若様にとってはおそらくツボなんだろうね。当のおたけも当初は「みんなおかしいですよ」と否定していたけど、そのうち贔屓に慣れてくると「若林さんは1%の根暗と99%のおたけでできている」と言う名言と共に贔屓を肯定的に受け入れ、贔屓を期待するような場面もちらほら。そういう一面もあってか、こさかなよりやや若様の贔屓の度合いが弱めだ。確かにこさかなと同じ受け入れ方ではキャラ立ちしないから、むしろこれがおたけの正解なのかもしれないけどね。お寿司もこの後どうやって贔屓を受けとめていくのか真価を問われる。と言うか、若様がどうやってお寿司を贔屓していくかの方が見ものか。

しかし、ここまで露骨な贔屓を全面に出すやり方はオードリーならではだよね。応援チームを決めて、毎回そのネタでガヤの応酬を繰り返すNFL倶楽部方式がここに垣間見れる。なんなら番組初期の春日の「ちゅどーん!。。。ごほごほっ」という演出は、完全に「若林の熱視線」のパクり。コンビ愛さえここに垣間見れてしまう。

ファイナルには残れなかったメンバーもそれぞれ自分のキャラをわかった立ち振舞いを全うしてるのがこのグループのすごいところ。完全分業制のフットボールチームであればこれは最強よ。いつか各メンバーをフットボールのポジションに見立てて妄想チームをシミュレーションしてみたいね。

若様がゲスト扱いだったことと、上村の想定外の破壊力で、出番に偏りがあったことは多少残念だったけど、衣装の選択と登場シーンだけでも各自が果たす役割をみんなわかっていた気がするね。ここに井口砲が加わったところを想像するとワクワクが止まらない。まだ帰ってこれないのか。もちろん影山のインテリキャラとおはまの不思議キャラも待ち遠しい。

んで、今回唯一の春日派としてMC側に回ったまなふぃは、完全にこの番組での唯一無二の立ち位置を確立したね。オードリーや浜谷とのやりとりも無難にこなしてたし、丹生ちゃんにフラれた春日に「私しかいない」と言い寄る発言はまなふぃにしか許されなかった。そして何より、番組で一番最初に若林の贔屓問題に言及した張本人がこの企画でMC側にいるというのはなんか感慨深いものがあるよね。

カテゴリ:
ども。

今日はフットボールを離れて。

NFL倶楽部はwebから入ったという話を以前の記事に書いたよね。YouTubeでNFL倶楽部見てると、関連動画が表示されるじゃない?以前web版見終わったあと、あそこにすごい気になる動画があったの。

「若林のことが好きすぎる加藤史帆」

おいおい、若林って芸能界でも結構モテるのか?NFL倶楽部の関連動画ってことはアメフトネタが入っていたり?。。。というか、加藤史帆ってだれ?と思いながら、気がついたら運命のクリックをしておりました。

開けてみたブラックボックスは、アイドル番組のまとめ動画。私の中でアイドル番組と言えば、夕焼けにゃんにゃん。はるか30年前の記憶がよみがえる。
当時私は小学生。今で言う推しメンは会員番号16、高井麻巳子。おニャン子クラブのプロデューサーである秋元先生の奥様ですね。結婚が発表されたときは「職権濫用だ」と怒り心頭だったのを覚えてます。

MCは若き日のとんねるず。そう、この動画に写っている番組ではとんねるずがオードリーでした。当時のとんねるず程はっちゃけてないけど、年相応のテンションでそれなりに楽しんでいる感じ。そして、我らがNFL倶楽部MC、我らがおっさんフットボールファン代表の若林が若いアイドルから好意を寄せられてるシーンを見たら悪い気はしなかったね。もちろん期待したアメフトネタなんかは全くなかったけど。

何回かその動画と似たような加藤史帆の好意(というか嫉妬か)がまとめられた動画に目を通すうちに、このアイドルたちが何者なのかが気になるように。続々と関連動画を繋いで見てしまい、気がついたら日向坂46のファン(通称「おひさま」)であることを自覚するようになった訳です。こんなおっさんなのに。。。

言い訳ではないですが、きっかけはいわばバラエティ番組のYouTube動画な訳です。私の彼女たちの第一印象はアイドルではなく「若くてかわいい【芸人の見習い】グループ」。だから芸人のファンになった感覚。。。いや、ちょっと無理あるか。。。ただ、それくらいね、彼女達バラエティに貪欲なのよ。そして吸収や応用が早い。これはちょっとおじさん驚いた。

そして、彼女達の本業、アイドルとしてのパフォーマンスを見たのは彼女達を認知した数ヵ月後かな。当然YouTubeで。こんなに遅れたのはもちろん、芸人としての素質に惚れ込みすぎたから。そしてその上で見た本業はギャップが凄まじく、普通の初見よりも魅力的に感じてしまったのかもしれない。そして意図せずも、彼女たちが苦労してきた道程を知ってしまっていたので、尚更だったかもしれない。

別に推しメンがいるわけでもないんだけど、若林がひいきしている小坂や、春日がひいきしている丹生ちゃんは贔屓目で見てしまうことはあるかもね。他にもメンバーごとに注目している点はあるので、それはまた別の機会に。

YouTubeではNFL倶楽部からあんな感じでひらがな推しや日向坂で会いましょうにリンクがされている。これはひょっとすると私のようなおひさまフットボールファンは世間に何人かいるような気がするんだけどどうでしょう?

このページのトップヘ

見出し画像
×